日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

医薬品は効果とともに、なぜ副作用も生じるのか?

サプリメント

医薬品は効果とともに、なぜ副作用も生じるのか?
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

内服剤が口に入ってからの一般的な流れと効果・副作用の生じるメカニズムを説明します。


吸収:

口から入ったクスリは、食道から胃に入り、ここで分解される。しかし、胃ではあまり吸収されず、大部分はその先の小腸から血液中に取り込まれ、門脈(消化管からの血液を集めて肝臓に運ぶ静脈)にいたる。


代謝:

肝臓に送られたクスリは体の細胞に吸収されやすい形に変化したり、分解されたり、毒性を弱められたりする。こうした肝臓での化学変化のことを毒物代謝という。


分布:

肝臓を通ったあと、クスリの成分は血液によって全身へ送られる。目的とする臓器(病気の部分)に着いて直接作用したり、または中枢や細胞の酵素代謝に働きかけて、病気を治す。


排泄:

役目を終えた成分は、体外に排出される。水溶性のものは腎臓から尿として。また肝臓から胆汁中に出て便の中へ、呼気や汗、乳汁、唾液とし出るものもある。


薬が効く理由:

薬理作用には、幾つかのパターンがあります。

薬の物理・化学的性質によって作用するもの(制酸剤など)、化学反応を助ける酵素の働きを妨げて作用するもの(アスピリンなど)、物質を細胞に取り込むイオンチャンネルというものに作用して効果を現わすもの(カルシウム拮抗薬など)などです。

薬の効き方の代表的なものは、細胞膜の表面に存在するタンパク質である受容体(レセプター)を介して効果が現れる場合です。

受容体には通常、体内で産生される神経伝達物質やホルモンなどの生体内活性物質が結合し、細胞が反応して体の活動が維持されています。受容体を刺激し、生体内活性物質と同様の反応を起こすものを作用薬(アゴニスト)、逆に結合により働きを阻害・遮断するものを拮抗薬(アンタゴニスト)といいます。


副作用の理由:

クスリは病気を治す有効作用とともに、副作用もある。これはクスリのもつ宿命でもあり、副作用を完全に無くすことはできない。副作用の主な原因はいくつか挙げられる。

・量が多いため。

・薬物アレルギーのため。

・主作用の過剰発現のため。降圧剤で血圧が下がりすぎるなど。

・目的以外の二次的作用のため。病気を起こしていないところにまで作用してしまうこと。たとえば、カゼ薬や
鼻炎薬に含まれる抗ヒスタミン剤は、眠気や口の渇きを引き起こす。

・肝臓・腎臓の機能が衰えのため。クスリの代謝・排泄がうまくいかない。

・薬同士の相互作用のため。2種類以上のクスリを服用した場合、効果が強くなりすぎたり、逆に利きが悪くなって病状を悪化させることがある


何かしらの不調を感じると、安易に医薬品に頼りがちですが、用法・用量を遵守して、医師との相談の上、飲み合わせなどにも注意が必要ですね。


この記事は Dreamers We Have A Dream で作りました。
こんなキュレーションメディアサイトがあなたも無料で作れてしまいます!
           ↓    ↓    ↓    ↓ 



FBページ【健康チャンネル|ウェルネス・プラス】

「いいね!」してね!  ↓ ↓ ↓

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう